膀胱炎とは

スポンサードリンク

細菌感染で起こるものと、そうでないもの

膀胱炎とは、膀胱の粘膜が炎症を起こしたことで、主に「排尿するとき、排尿後の痛み」「残尿感」「下腹部痛」「頻尿」「尿混濁」「血尿」ときには「尿が少ししか出ない」「腰痛」「発熱」の症状があらわれるものをいいます。

膀胱炎は、細菌が原因であるものと、細菌が原因でないものがありますが、圧倒的に多いのは細菌の感染が原因で発生します。

大きく分けると2つ、膀胱炎とは一般的にこのこと「急性膀胱炎」主な原因は細菌感染と、急性膀胱炎が慢性化した場合や非細細菌性のものがある「慢性膀胱炎」です。

 

また膀胱炎は女性に多く、そのほとんどは「急性膀胱炎」のケース、一方男性は、男性特有の前立腺関係やその他の病気から由来して起こることが多いようです。

その他に種類が以下の通り

 

<単純性膀胱炎>
なにか膀胱に異常なものできたり、膀胱の働きがわるいといわけでないのに、頻尿や残尿感の症状があるものです。女性は尿意を我慢したり、冷え症、月経、妊娠、便秘、性交渉などがきっかけで起こることが多いものです。

 

<複雑性膀胱炎>
尿路に尿停滞、異物、持続的細菌源、なにかの病気にかかっていて全身の抵抗力が弱っているときに起こる慢性の膀胱炎のこと。 まず基になっている病気を治して体に本来の抵抗力を回復しなければなりません。

 

<間質性膀胱炎>
何かの原因で膀胱の粘膜の内側の層に炎症が起きたことで、膀胱の筋肉が萎縮する病気です。萎縮して尿を少ししか溜められなくなった膀胱は、すぐに尿でいっぱいになり、何度もトイレに行きたくなります。また尿が溜まったとき下腹部が痛くなります。

 

<嚢胞性膀胱炎>
膀胱粘膜に中に液体の入った袋状のものができる病気。

 

<真菌性膀胱炎>
真菌(かび)の感染で膀胱が炎症を起こす病気。

 

<気腫性膀胱炎>
ガスを作る細菌感染して、膀胱内にガスが溜まる珍しい病気。

 

<過活動膀胱炎>
膀胱の大きさに関わらず、排尿筋という筋肉が過剰に反応して、頻繁に尿意をもよおす自覚症状があること。正確にいうと炎症とは関係ないので膀胱炎ではありません。

 

<神経性膀胱炎>
脳の神経に異常から、脳から尿意や排尿の指令を正常に送れないこと。正確にいうと炎症とは関係ないので膀胱炎ではありません。

 

<過敏性膀胱炎>
細菌感染で過敏になった膀胱ことを指したり、トイレに何度も行くことがコンプレックスになって、精神的にトイレの心配ばかりする状態こと。実は定義がはっきりしてないらしい。

 

膀胱炎とは、タイプというか、こんなにも分類上種類がある深いものなのですね。

スポンサードリンク