萎縮性胃炎 悪性貧血

スポンサードリンク

萎縮性胃炎の悪性貧血とは言え治る貧血です

萎縮性胃炎で独特に起こす貧血を悪性貧血と呼びます。その名の由来は、昔は萎縮性胃炎の貧血は、原因が解明されておらず、治療方法がなく致死的な病気だったため「悪性貧血」という恐ろしい呼ばれ方になり、現在でも同じ呼び名でありますが、ビタミンB12を投与するなどの確立された治療が行なわれています。

 

萎縮性胃炎は(ビタミンB12や葉酸吸収障害からくる貧血)を伴うA型胃炎と加齢とともに進行するB型胃炎に分けられます。A型胃炎の場合には、食べ物の消化がうまくいかなくなり、ビタミンB12を吸収できなくなると、赤血球の「赤ちゃん」とも「お母さん」とも言うべき赤芽球が、うまく生長できず膨らんだような大きな赤芽球になることから、巨赤芽球貧血と呼ばれる悪性貧血の症状、息切れや易疲労感などが現れます。

詳しくいうと、人体はDNA細胞でできており、DNAをつくるのに必要なものがビタミンB12や葉酸です。ビタミンB12や葉酸が欠乏すると、赤血球の産生の際に細胞の分裂・増殖がうまく進まず途中で死滅してしまいます。そして前述の赤血球になれなかった前段階の膨らんだ大きな赤芽球がたくさんたまってきます。ビタミンB12は赤芽球生成のほか、上皮細胞、胃粘膜、神経細胞の成長にも関係しており、舌の痛み(舌炎)や知覚障害・意識障害が生じることもあります。

 

また、ビタミンB12を吸収するには胃で作られる内因子という物質が必要で、萎縮性胃炎により内因子自体がされなければ、いくらビタミンB12や葉酸を摂取しても体内に吸収されません。手術で胃を全部とった場合は、当然内因子が分泌されないので、上記要因で手術後数年(3〜7年)経ってから悪性貧血(巨赤芽球貧血)が起こります。

 

血液検査か骨髄検査で巨赤芽球が見つかれば悪性貧血の診断が確定します。今では原因が解明されているので、萎縮性胃炎により内因子が欠乏している患者であっても、吸収に内因子を必要としないビタミンB12の筋肉注射という治療方法をとります。ビタミンB12を1日あたり500〜1,000μg注射し、大抵4〜5日たてば貧血の改善が始まります。以後3ヶ月〜6ヶ月に1回注射する事で悪性貧血は治ります。ただし、胃に内因子がない場合は注射でビタミンB12を一生補わなければなりません。

 

最も望ましいのは、まずは萎縮性胃炎を改善し、胃での内因子産生を回復させた上で、食物によるビタミンB12及び葉酸の摂取吸収で十分補える状態にすることです。下記にビタミンB12、葉酸の多く含む食品を挙げます。

 

<ビタミンB12の多い食品>
あさり、しじみ、かき、レバー、にしん、すじこ、さんま、いわし、さば、たらこ、さけ、牛肉ロース、たら、まぐろ赤身、帆立貝、ひらめ、のり、卵、牛乳
<葉酸の多い食品>
レバー、牛肉、ほうれん草、豚肉、じゃがいも、大豆、アスパラガス、インゲン豆、さつまいも、ブロッコリー、メロン、とうもろこし、キャベツ、芽キャベツ、オレンジ、まぐろ、バナナ、アボカド、卵

スポンサードリンク