萎縮性胃炎に良い食べ物

スポンサードリンク

萎縮性胃炎に良いヨーグルトの大きな発見

萎縮性胃炎に良い食べ物ズバリ特集

 

大根
もともと体内で分泌される消化酵素ジアスターゼが葉に近い部分ふくまれており、大根おろしが効果的です。適度なら大根がもつ辛味成分がほど良く胃酸分泌を促し、ダブル効果で消化を促進します。胃薬の成分にも利用されているほど、でんぷん質を分解して消化不良、胃の膨満感を解消します。

 

山芋

でんぷんが多い炭水化物ですが、大根の数倍の量の消化酵素ジアスターゼを含んでおり、でんぷん質の消化能力の高い食材です。ムチンというネバネバした食品に含まれる成分は胃壁の粘膜を保護し、タンパク質の消化・吸収させる働きも持っています。

 

 

じゃがいも
ビタミンCやビタミンB群、パントテン酸、カリウムなどがバランスよく含まれていて、加熱による損失が少ない栄養素なので、いろいろに調理して栄養を摂取する事が出来ます。ただし、芽の部分にある成分は、食べるとめまいや腹痛などをおこす有害物質なので、芽の部分をしっかり取り除いて調理すること。

 

トマト

トマトに含まれるクエン酸が、胃液の分泌を促進して消化能力を高めます。トマトと一緒に肉類を食べると、タンパク質や脂肪の分解を助ける働きをします。また、爽やかな酸味が食欲をそそる役目を果たし、リコピンというトマトに含まれている物質が血中に多い人は、癌にかかりにくいと言われています。

 

生姜
ジンゲロンという辛味成分は、胃腸の血流を良くして、胃壁から胃液の分泌を促すことで、消化をよくします。シンゲロンは生姜を加熱してできる成分なので、たくさんの火を通した料理に生姜を使うことができます。食中毒を防ぐ殺菌作用があるので、生ものの寿司に付いているんですね。漢方薬の主な材料としても使用されています。ただし、刺激も強いので胃にダメージを与えるないよう、摂り過ぎは禁物です。

 

納豆

デンプンを分解するジアスターゼ、脂肪を分解するリパーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼ、胃壁の粘膜を保護するムチン、血栓溶解作用のあるナットウキナーゼ、その他たくさんの消化酵素を含んだ万能食品です。ナットウキナーゼには萎縮性胃炎の原因とされているピロリ菌の除菌薬剤と同等の抗菌作用があるとも言われています。

 

ヨーグルト

1993年日本で、乳酸菌に抗ピロリ菌作用があることが判明し、乳酸菌とピロリ菌との接触時間を長くとれるヨーグルトが効果的であることが分かりました。
2000年明治乳業から、最も抗ピロリ菌に適した乳酸菌「LG21」を加えた「明治プロビオヨーグルトLG21」が発売されました。1日2個のLG21入りヨーグルトを食べると、2ヵ月後には8割の人のピロリ菌が減少し、またピロリ除菌薬を飲んでいる期間中、LG21も食べると除菌確率が上がり、胃粘膜の改善効果も、実験結果が認められています。
その後、「森永ラクトフェリンヨーグルト」「ネスレLC1ヨーグルト(現在販売未確認)」などの製品が発売されました。

スポンサードリンク