萎縮性胃炎の薬

スポンサードリンク

萎縮性胃炎の薬は医師の処方薬と同等品も市販してます

萎縮性胃炎の薬には、医師が処方する医療用薬品の他に街角のドラッグストアでも販売している一般用医薬品があります。製薬会社は医療用と一般用のものを製造していて、一般用の中には漢方薬のものまであります。

萎縮性胃炎を診断されただけでは、症状がないと治療対象にならない場合が往々にしてあります。「経過観察しましょう」と言うケースです。それでも何か対処しなければ不安をおぼえる人もいることでしょう。そんな場合、近くのドラッグストアで一般用医薬品を購入して服用することも一つの方法です。

 

一般医薬品は購入に当たって、3つに分類に沿った薬剤師の情報提供が義務付けられています。
第一類:店頭で薬剤師による書面を使った情報提供(薬の説明)義務あり
第二類:できるだけ第一類の情報提供をする努力義務あり
第三類:情報提供不要
第一分類には、以前は病院でしか手に入らなかった薬の成分とほぼ同じものなどもあります。このあたりを購入するなら、病院に行って医師に相談する方がよいと思います。

 

下記に有名なところで商品名をいくつか挙げておきます。

 

ガスター10(第一三共製薬)

医療用医薬品のH2ブロッカーに属するものに同じ商品名があります。第一類に指定されていて、効き目の強い薬である分副作用が出る可能性もありますので、薬剤師の説明をよく受けた上で服用しましょう。

 

パンシロン(ロート製薬)

1962年発売のロングセラー、現在ではシチュエーションや症状に合わせ、6種類から成るシリーズなっています。
パンシロン01プラス:食べすぎ・飲みすぎ・胸やけや、胃もたれなどの不快な症状のときに飲む漢方成分を含んだ製品
パンシロンAZ-:加齢による胃の機能低下に、荒れた胃の粘膜の修復・保護を手助けをするなど高齢者向け製品
パンシロンキュア:、ストレスや飲み過ぎでの胃痛、胸やけのときに、胃酸分泌抑制、粘膜保護、胃酸中和作用の3つの効果
パンシロンG:胃酸分泌抑制、消化促進、健胃を目的に常備薬としておすすめ
パンシロントリム:胃もたれ・膨満感の改善に、消化管運動改善剤「マレイン酸トリメブチン」を始めて配合した製品
パンシロンクールNOW:胃粘膜の保護・修復と胃酸抑制作用で胃の症状を改善、水なしで飲めて、携帯に便利なチュアブル錠

 

サクロン(エーザイ製薬)

1961年発売、胃のむかつき、胸やけ、吐き気をすっきり、胃酸の直接中和・分泌抑制、胃粘膜の修復・保護します。

 

 

大正漢方胃腸薬(大正製薬)

1978年発売、「食べる前に、のむ」をキャッチフレーズに、2種類の漢方を組み合わせて開発されました。

スポンサードリンク