食道裂孔ヘルニア

スポンサードリンク

萎縮性胃炎と食道裂孔ヘルニアと逆流性食道炎

食道裂孔ヘルニアの原因が萎縮性胃炎という直接的な関係はありません。食道裂孔ヘルニアは自覚症状がなければ軽症と判断され、特に治療も何もすることはありません。食道裂孔ヘルニアの症状として、のどがつまる、のどがやける、胸やけ、胸が痛い、胸が苦しい、げっぷ、食べものがつかえる、がでると逆流性食道炎併発の恐れがあります。

 

いずれも症状が有るとバリウムによるX線造影、内視鏡検査を経て診断されます。逆流性食道炎の所見が確認されて初めて、薬物などで治療の対象になります。また症状が重ければ逆流性食道炎の原因を断つ意味で、食道裂孔ヘルニアの治療に当たりますが、その場合外科的手術をすることになります。

胸部と腹部を隔てる横隔膜という筋肉の板があります。食べたものは胸部を通る食堂から腹部の胃へと運ばれますが、食道から胃への境目に食道を通す横隔膜の隙間(食道裂孔)から胃の一部が胸部側に飛び出した状態が食道裂孔ヘルニアです。これは元の正常な形に戻ることはありません

 

食道裂孔ヘルニアの一般的原因は2タイプあり、1つ目は横隔膜の隙間の食道裂孔が緩いこと、生まれつきや加齢による自然発生的要因の場合です。2つ目はお腹側の圧力が高いこと、肥満であることや喘息・慢性気管支炎の疾患、食べ過ぎや、姿勢が悪い、食べた後横になる癖、腹部を締め付ける服装などは腹圧上昇の原因です。

 

食道裂孔ヘルニアは、以下3つの状態に分類されます。
(1)滑脱(かつだつ)型;食道と胃の境目の噴門部分が食道側に飛び出している。
(2)傍(ぼう)食道型:胃の一部が胸腔側の食道以外に飛び出している。
(3)混合型:(1)と(2)が同時に起きている。
患者の大部分が(1)滑脱型で、脱出部は小さく無症状ですが、胃の半分以上、時には全体が脱出している重症の場合は、脱出している胃を腹腔内に引きもどし、逆流防止のため、緩んでいるいる食道裂孔を縫縮する、形態変化を正常に戻す手術の必要があります。

萎縮性胃炎との関連で言うと、前述の通り食道裂孔ヘルニアが原因で起こる逆流性食道炎の症状が問題になります。その場合検診の結果、食道裂孔ヘルニアや逆流性食道炎と共に萎縮性胃炎の所見も確認される場合が多いと言うことです。

 

逆流性食道炎は胃酸と胃の内容物が、胃からの圧力で緩んだ食道裂孔を通過して食道へ逆流した結果、胃酸による食道粘膜の炎症です。萎縮性胃炎の初期状態では胃酸が過剰分泌されるので、萎縮性胃炎と関連無い食道裂孔ヘルニアでも、逆流性食道炎に成りやすいといえます。

スポンサードリンク