萎縮性胃炎 食事

スポンサードリンク

萎縮性胃炎は場合によって食事内容が逆になる

萎縮性胃炎が慢性胃炎では代表的なものなわけですが、食事に関して消化に悪いものを食べないことなどが大切になります。

  • 寿司などの生ものを食べない。
  • 繊維質のものたべない。
  • 冷たいものを食べない。
  • 揚げものを食べない。
  • 脂っこいものを食べない。
  • 体が冷えるもの食べない。
  • 刺激の強いもの、唐辛子、こしょう、生姜、香辛料、アルコール、紅茶、コーヒー、炭酸飲料などを摂らない。

一般的に以上を心がける必要があります。

 

食べてよいものの例
○自然薯、大和芋、キクラゲ、蓮根、納豆・・・・ムコ多糖類を含んだ食品
○胡麻、三年味噌、干椎茸、のり、かぼちゃ・・・組織強化ビタミン含有食品
○麻の実、なつめ、ユリ根、わけぎ・・・・・・・精神が安定する食品
○発芽玄米、玄米、黒米、そば、きび・・・・・・良質な穀類

 

食べて悪いものの例
×インスタント食品、レトルト食品、練製品・・・加工度の高い食品
×炭酸ジュース、スポーツ飲料、清涼飲料・・・・添加物入り加工飲料すべて
×白砂糖、グラニュー糖、氷砂糖・・・・・・・・果糖精製糖類
×肉の脂身、鶏肉の皮、脂ののった魚・・・・・・動物性油脂類

 

とはいえ、委縮性胃炎は胃酸分泌が極端に悪いため、消化能力が低下して食欲が出ないのが特徴です。胃液の分泌量が多くなるように、食欲をそそる香辛料を料理の中で上手に使うと良いようです。また、食欲がわかないのであまり量が食べられません。少ない量で栄養をたっぷり摂れる食事にする必要があります。タンパク量の多い肉類は適しています。使う食材も細かく切ったり、一度にまとめて食べると胃の負担が激しいので、数回にわけて少量ずつ取る方法も効果的です。

 

一方、肥厚性胃炎に多く見られる胃酸過多の症状の場合は、胃酸の分泌を促進させる刺激物は厳禁です。卵・豆腐・白身魚をメインにした食事になるよう意識しましょう。ごま油やオリーブオイルは胃酸の分泌を抑える作用するがあります。とくに朝食を抜くことはやめましょう。夜寝ている間と翌日の昼食まで、胃の中に何も入らないことは、食べ物で中和されない胃酸が胃の中に貯まることになり、他の病気が併発する恐れがあります。朝食を必ず何か口に入れるようにしましょう。

 

このように、胃酸の分泌の状態で、低酸症や無酸症の人と胃酸過多の人は、全く違った対応をする部分があるので気を付けてください。いずれの場合も、食物はよく噛んで食べること、偏食なくバランスのとれた食規則正しい食生活をおくること、暴飲・暴食をしないことが基本です。

スポンサードリンク