萎縮性胃炎とは

スポンサードリンク

萎縮性胃炎とは慢性の胃炎の進行過程である

萎縮性胃炎とは胃の炎症が長期間にわたると、胃粘膜が赤く充血したり、ただれたりする中で、胃酸を作る胃腺という細胞が極端に減少し、胃粘膜層がぺらぺらに薄くなり萎縮した状態のことです。慢性胃炎が進行するときのの一つの過程とも言えます。

 

お酒の飲みすぎや強いストレス、ウィルスや細菌などの感染というように、原因がはっきりしていて、急な胃に痛みや出血・嘔吐などの症状が出るものを、急性胃炎といいます。基本的に一時的なもので、薬を服用したり安静にすることで治ります。一方、特になにもしないのに、胃に炎症が起こり、ゆっくりと持続的に進行するものを慢性胃炎と言います。炎症の原因ははっきりと解明されておらず、完治もしないと言われています。

慢性胃炎に下記の通り、主なタイプに分けられます。

  • 表層性胃炎 胃の粘膜表面に軽い炎症があり赤い充血がみられる状態、胃酸の分泌が増えて胃酸過多の状態になります。
  • びらん性胃炎 胃粘膜表面が炎症でただれ、すこしえぐれた状態
  • 萎縮性胃炎 炎症で胃粘膜層が薄くなり、萎縮している状態、胃酸の分泌が減って、胃の働きが低下します。
  • 肥厚性胃炎 炎症しているところは見えなくて、胃の粘膜が厚くなった状態

 

慢性胃炎は、初期のころまず表層性胃炎になって、炎症が進んでくると上記タイプを上から順に経過していく場合が胃多いです。表層性胃炎の時期は、内視鏡で見ても急性胃炎とほほ見分けがつきません。最も多いのが炎症が萎縮性胃炎まで進行するケースであり、萎縮性胃炎の状態の時に慢性胃炎として発見されることがほとんどなので、慢性胃炎=萎縮性胃炎の印象も強く、同義語のように呼ばれることもあります。

 

萎縮性胃炎が進むと、腸上皮化生という腸の粘膜のようなものが、胃の粘膜にできてしまうことがあります。それは白っぽくボコボコと隆起したものが内視鏡検査で確認されます。どうしてそうなるか未解明で、炎症のせいで細胞に奇妙な異変が起きたということです。こういう細胞の異変現象の繰り返しが癌と関連が深く、萎縮性胃炎や腸上皮化生が癌化しやすいと言われています。

 

萎縮性胃炎とは、自覚症状がない人が多数いるくらい、生活の質(QOL)の視点からしても、その病状自体に大きな心配はないのですが、怖いことは癌化率が通常より高くなることです。完治は困難と言われていますが、治療の目的は胃炎を治すことではなくて癌の発生を抑制することとすれば、萎縮性胃炎に大きな問題はないと考えていいと思います。だからこそ、癌予防のための定期検査と、治療の持続が重要になってきます。

スポンサードリンク