慢性膵炎 発作

スポンサードリンク

慢性膵炎の発作のほとんどは腹痛

膵炎発作
慢性膵炎を含む膵炎の症状全般をいいます。上腹部の痛み、背中の痛み、肩の痛み、吐き気と嘔吐、脱水症状、低血圧、失神。急性膵炎の場合の痛みは激痛。慢性膵炎の場合は割と持続的な鈍痛。

急性膵炎発作
急性膵炎に起こる症状で、お腹の上部から背中におよぶ、うずくまる程の激痛、腹部は押さえると痛い、エビのように体を折り曲げてがまんするのがいちばん楽で、仰向けに寝ると痛みが増す。お腹は触っても全く異常ないがごとくやわらかい。慢性膵炎でも同じ状態になることがある。その時の対処や治療は急性膵炎に対するものと同じになります。

腹痛発作
慢性膵炎の諸症状である腹部痛のこと、痛みの程度は軽いものから我慢できない激痛まで、患者さんによって様々です。心窩部といって、みぞおちの部分と、ちょうどその裏側にあたる背中へ貫く感じで数時間にわたり痛み、治まってもまた繰り返す痛みが慢性膵炎患者の半数を占めます。食事をした数時間後に起こることが多く、飲酒や脂肪分の多い食事、暴飲暴食をしたときには、100%起こります。慢性膵炎の代償期と呼ばれる、まだ初期で膵臓機能が全部破壊されてない時期に起こります。慢性膵炎が進行した、非代償期と呼ばれる後期には、炎症の結果、膵臓の細胞そのものが少なくなり痛みが減ってきますが、治ったわけでなく逆に病気は悪化したことになります。

 

再発発作
慢性膵炎の発症後、腹痛などが治まって、しばらくして再度みられる諸症状のこと、最初の症状よりひどい場合が多く、激烈で急性膵炎発作とまったく区別がつきません。それは適切な治療、特に生活習慣や食事・栄養管理を怠って、飲酒や暴飲暴食の結果、悪化して再発するケースが多いからです。

胆石発作
ほとんどが急性膵炎でで見られる症状です。慢性膵炎では多い方ではありませんが、アルコール性の慢性膵炎以外のほとんど場合を占めます。胆汁成分が固まり胆石ができて、疝痛様発作とよばれる上腹部の激痛で、夕食で摂取した脂肪分を処理しようとして、胆石が胆のうの出口を塞ぐことが原因と考えられるので、夕食をとって数時間後の眠り始めにしばしば起こります。

 

パニック発作
特発性慢性膵炎という、原因の解明されてない膵炎などに起こります。膵炎の痛みというのは心理的な影響が大きく、それほど膵臓の細胞が壊れていなくても、パニックに陥り強烈な痛みが襲うことがあるのです。検査結果で膵臓に大きな異常は見られず診断が付かないと、痛みがあるのに、なんの処置もされないという恐怖感や不安が痛みを増幅すること。

スポンサードリンク